PR

ニュース 社会

昨年の小中高生の自殺、過去最多499人 コロナ影響か

警察庁
警察庁

 令和2年の小中高生の自殺者数が統計のある昭和55年以降最多の499人に上ったことが16日、警察庁のまとめ(確定値)で分かった。前年比100人増。年代別では10、20代の増加が顕著で前年比522人増となった。全体の自殺者数は2万1081人。前年から912人増えた。前年を上回るのは平成21年以来となる。女性の自殺者増も目立ち、前年比935人増の7026人だった。

 厚生労働省自殺対策推進室は「新型コロナウイルス禍で学校が長期休校したことや、外出自粛により家族で過ごす時間が増えた影響で、学業や進路、家族の不和などに悩む人が増加したとみられる」と指摘した。

 小中高生の自殺者の内訳は、小学生14人(前年比6人増)、中学生146人(同34人増)、高校生339人(同60人増)だった。女子高校生が前年と比べて60人増と大幅に増えた。未成年の自殺者数は、777人(同118人増)に上った。原因・動機では、鬱病などの精神疾患や進路の悩み、学業不振が多かった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ