PR

ニュース 社会

【SNSの罠】偽在留カード簡単入手 不法滞在摘発相次ぐ ブローカーが交流サイト悪用

前のニュース

その他の写真を見る(1/2枚)

 偽造在留カードで不法滞在していたとして、在日外国人が摘発されるケースが後を絶たない。入手先の多くが会員制交流サイト(SNS)で知り合ったブローカーだ。とくに新型コロナウイルス禍が続くなか、SNSは貴重な情報源や交流の場。便利さの裏では、犯罪の入り口にもなっている。(江森梓)

1万円で作成

 「偽造在留カードが作れるし、いい求人も載っているよ」

 平成31年3月ごろ、ベトナム人のグエン・ティ・ナムさん(29)=仮名=は、知人のベトナム人技能実習生に、フェイスブック上のあるグループを紹介された。在日ベトナム人らが情報交換を行う「トウキョウバイト」。そこで偽造在留カードを作っているとの投稿を見つけた。

 投稿主にメッセージを送るとすぐ返信が来た。指定された銀行口座に1万円を振り込み、自身の期限切れ在留カードと自分の顔写真を送ると、数日で偽造在留カードが届いた。

 「違法だと分かっていたと、グエンさんは振り返る。30年7月に技能実習生として来日した。パワハラが横行していた実習先の環境が合わず、半年で失踪。再び就職先を探そうとしたときには在留期限が切れていた。「学びたいことはたくさんあるし、借金も返したかった」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ