PR

ニュース 社会

「下着の色は?」教え子にメール、都教委が懲戒免職

東京都庁=東京都新宿区
東京都庁=東京都新宿区

 東京都教育委員会は12日、教え子に不適切なメールを送ったなどとして、中学校の男性教諭ら4人を懲戒免職にしたと発表した。

 都教委によると、中学校の男性教諭(37)は平成30年11月~31年1月、教え子の女子生徒に「下着の色は?」などとショートメールを送信。別の18歳未満の少女にわいせつ行為をしたとして、令和2年3月に児童買春・ポルノ禁止法違反罪で東京簡裁から罰金70万円の略式命令を受けた。

 区立小の副校長(56)は令和2年1~2月、ホテルで知人女性の下着姿などを盗撮し、画像の一部を無料通信アプリ「LINE(ライン)」で女性に送り付けたという。

 中学校の男性教諭(24)は教育実習生に体を抱きしめるなどのセクハラ行為をした。特別支援学校の男性教諭(26)は教え子の女子生徒に20回以上、キスをしたという。

 このほか、4人が減給などの処分を受けた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ