PR

ニュース 社会

「アポ電」強盗致死、男3人に懲役27~28年 被害者の窒息死認めず 閉廷後に「よっしゃあ」

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

 東京都江東区で平成31年2月、電話で資産状況を尋ねる「アポ電」後に強盗目的で高齢女性宅に押し入り死亡させたとして、強盗致死などの罪に問われた無職の須江拓貴(ひろき)被告(24)、建設業の小松園竜飛(たつみ)被告(29)、無職の酒井佑太被告(24)の裁判員裁判の判決公判が9日、東京地裁で開かれた。守下実裁判長は須江被告に懲役28年、残る2人に懲役27年を言い渡した。求刑はいずれも無期懲役だった。

 争点となった女性の死因について、判決は「首を圧迫されたことなどによる窒息死」とする検察側主張を退け、弁護側の主張に沿って「事件によるストレスで慢性心不全が悪化して死亡した」と認定。窒息死の根拠とされた眼球内の出血などについても、「ステロイドの長期服用で血管がもろくなった可能性があり、慢性心不全による死亡と矛盾しない」と結論づけた。

 量刑理由で守下裁判長は、須江、小松園の両被告が事件の約1カ月前に起こした別のアポ電強盗事件で、被害者がけがをしなかったことに言及。「高齢者への手足の緊縛や口をふさぐなどの暴行は、生命・身体に危険を及ぼす可能性が高い行為」としつつ、「死亡させるリスクを想定するのは容易ではなかった」と述べた。

 また、アポ電強盗の犯行態様については、「犯罪組織が得た情報を利用して行われ、被害者にとっては被害を防ぐことが困難で悪質だ」と指摘。その一方で、「同様の犯罪が多発しており一般予防の必要性は高いが、量刑を大きく左右させることはできない」とも付け加えた。

 判決の言い渡し後、守下裁判長が弁護側の主張を認めた旨を3被告に説明して閉廷すると、須江被告は被告人席で「よっしゃあ」と大声を上げた。

 判決によると、3人は31年2月28日、江東区のマンションで、住人の加藤邦子さん=当時(80)=の口を粘着テープでふさぐなどして死亡させた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ