PR

ニュース 社会

狩野浩志・自民県議が「陣中見舞い」で現金 「説明責任に期待」 群馬

 自民党の狩野浩志県議(前橋市区選出)が前橋市議選(2月7日投開票)の候補者陣営に「陣中見舞い」として現金入り封筒を渡していたことが5日、関係者への取材で分かった。額は5万~10万円とみられ、陣営は複数に上るもようだ。県選管によると、公選法は議員による選挙区内での寄付を禁じており同法に抵触する可能性もある。

 一方、同党前橋支部長の中沢丈一県議(同市区選出)と安孫子哲県議(同)は5日、会見を行い、自らには同様の疑念はないと明言した。その上で狩野氏が説明責任を果たすことに「期待を持っている」と述べた。山本一太知事も既に狩野氏が説明すべきだとの考えを示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ