PR

ニュース 社会

石垣島沖で中国船転覆、5人行方不明か 海保巡視船が急行

浮具にしがみついて漂流する中国船乗組員=2日午前、石垣島北方沖(第11管区海上保安本部提供)
浮具にしがみついて漂流する中国船乗組員=2日午前、石垣島北方沖(第11管区海上保安本部提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、2日午前9時20分ごろ、沖縄県石垣市の北約330キロメートルの海上で中国船籍の船が転覆し、複数の乗組員が漂流しているのを海保の航空機が発見した。10人乗りの漁船とみられる。このうち5人が行方不明で、救助のため海保の巡視船が現場に向かっている。

 海保によると、同日午前8時50分ごろ、石垣島の北方で遭難警報を受信したため、那覇航空基地所属の航空機が捜索したところ、転覆した船と、浮具などにしがみついている乗組員を見つけた。

 中国からの情報では、船は漁船で、10人の乗組員のうち5人は別の中国漁船に救助された。残り5人は行方不明で、海保の航空機が捜索を続けたが発見されていない。海保の巡視船3隻も向かっているが、悪天候などのため現場に到着するのは午後8時以降になる見通しだ。

 午後2時現在の現場周辺の天候は曇りで、北北東の風16メートル、波の高さは2・5メートル。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ