PR

ニュース 社会

【3・11を想う】作家・柳美里さん 話を聞く。それで役に立てたら

作家の柳美里さん(酒巻俊介撮影)
作家の柳美里さん(酒巻俊介撮影)

南相馬でブックカフェ営む 「来て」と言えないのが苦しい。せめて「思って」

 米国の代表的な文学賞「全米図書賞」の翻訳文学部門に「JR上野駅公園口」が選ばれた柳美里(ゆう・みり)さん。東日本大震災で津波と東京電力福島第1原発事故の被害に遭い、避難指示区域だった福島県南相馬市小高区に平成29年から住み、ブックカフェを営む。住民の帰還が進まない町で、地元の人の声に耳を傾ける。

 --受賞作は震災に触れている

 「書き始めたころに震災と原発事故が起きた。平成23年4月21日に、政府が福島第1原発から20キロ圏内の避難区域を22日午前0時で立ち入り禁止の『警戒区域』とする、と発表し、取るものも取りあえず行ったのが最初だった。間を置かず、富岡町や浪江町にも行った。役に立つために何ができるだろうと考えたときに、話を聞くことならできるのではないかと思った」

 --南相馬市の臨時災害放送局のラジオ番組「柳美里のふたりとひとり」では6年間にわたって、約600人に話を聞いた

 「(原発事故後)賠償や補償などさまざまな線引きがされて対立や摩擦が起きた。地元の方が聞き手だと話しづらいが、私がよそ(者)だったので話がしやすいとおっしゃっていただいた。番組は30分だが2時間話した方もいた。収録後にお手紙をもらった飯舘村の方と、改めて村を回りながら話を聞いたこともあった。みんながつらい思いをしているので、お互いにあの日どうしていたのかという話をしない。初めて話すことができて、ずっしりしていた背中が軽くなったという人もいた」

 --現在の福島は

 「新型コロナウイルスの影響が非常に厳しい。原発事故後の福島は学校でも窓を閉め切ってマスクをしていた。ロックダウンに近い状況を経験しており、コロナが2度目であるということは知られるべきだ。全国に避難して今でも帰還されていない方が多い。避難解除から小高地区の人口は微増していたが、昨年の9月末をピークに減り始めた。原発事故でコミュニティーが破壊された地域では、そろそろ同じようなことが起きるのではないか」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ