PR

ニュース 社会

国立の転落偽装、殺人容疑で夫逮捕 離婚話のもつれか 警視庁

 東京都国立市のアパートで昨年11月、女性(41)が転落死を装って殺害されたとみられる事件で、警視庁捜査1課は28日、殺人の疑いで、夫の高張潤容疑者(44)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。2人には離婚話が持ち上がっていたといい、捜査1課は、別れ話のもつれなどから殺害を図った可能性もあるとみて追及する方針。

 捜査関係者らによると、高張容疑者は妻の麻夏さんと幼い子供の3人で現場アパートで暮らしていたという。麻夏さんの遺体がアパート敷地内で見つかったのは昨年11月30日。司法解剖の結果、死因は「転落死」と判断されたが、麻夏さんの首には手や腕などで絞められたような、わずかな痕が見つかった。

 また、遺体はアパートの敷地内の建物のすぐそばで見つかったが、現場周辺からは自ら飛び降りたり、誤って転落したりしたような痕跡は、ほとんど確認できなかったという。

 こうした状況から、捜査1課は、麻夏さんが首を絞められるなどして仮死のような状態に陥った後、転落死を偽装してアパートの高所から突き落とされた殺人事件の可能性が高いとして捜査していた。

 当時、高張容疑者が「自分が子供の寝かしつけをしている間に、いつの間にか妻がいなくなった」などと110番通報。駆け付けた警察官が捜索したところ、敷地内で倒れていた麻夏さんを発見した。

 ただ、当時、室内には家族以外おらず、高張容疑者の説明には不自然な点もあることなどから、捜査1課は高張容疑者が関与した疑いがあると判断した。

 2人には離婚話が持ち上がっていたといい、高張容疑者は通報時に「前日には妻とけんかした」などとも話していたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ