PR

ニュース 社会

群馬山林火災、消火続くも鎮火見通し立たず

 群馬県桐生市で発生した山林火災で、消防や自衛隊などは26日、消火活動を続けた。消防によると、火の勢いは弱まっており、大きな広がりは抑えられている。前橋地方気象台によると、県内はしばらくの間乾燥した状態が続くという。

 群馬県は25日に約30ヘクタールと発表した焼失面積を訂正、26日午後6時時点で、約20ヘクタールが燃えたと明らかにした。桐生市によると、午後6時時点で自主避難所に身を寄せている人はいない。

 27日も早朝から、自衛隊、千葉市のヘリコプター、消防が消火活動をする予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ