PR

ニュース 社会

総務省接待問題で、新たに9人 延べ39件に

衆院予算委員会で立憲民主党・本多平直氏(左)の質問に答弁する菅義偉首相=22日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で立憲民主党・本多平直氏(左)の質問に答弁する菅義偉首相=22日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相の長男が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題で、総務省は22日、既に判明している幹部4人のほか、新たに9人が接待を受けていたとする調査結果を明らかにした。国家公務員倫理法規程に違反する疑いがある接待は延べ39件に上り、うち21件が首相の長男が同席していた。24日にも処分する方向で調整している。

 調査結果では、総務審議官だった山田真貴子内閣広報官を含む計13人中、山田氏を含む11人について、国家公務員倫理規程上の「利害関係者からの接待」に該当するか、その可能性が高いと認定。山田氏は総務審議官に在職中の令和元年11月6日に飲食費7万4203円の接待を受けていた。ただ、内閣広報官は倫理法が適用されない特別職にあたるため、処分対象とはならない。

 谷脇康彦総務審議官ら、すでに接待が明らかになっている幹部4人については、新たに6件の接待が発覚。最も接待額が多かったのは、4回にわたる会食で飲食代やタクシー券、手土産など計約11万8千円の接待を受けた谷脇氏だった。

 このほか接待が明らかになったのは衛星放送の許認可を担当する吉田恭子衛星・地域放送課長のほか、奈良俊哉内閣官房内閣審議官、玉田康人総務課長、井幡晃三放送政策課長、三島由佳情報通信作品振興課長ら8人。吉田氏は令和元年8月から2年8月の約1年間で5回計6万円を超える接待を受けていた。判明済みの4人以外は、タクシー券や贈答品を受け取ったケースはなかったという。

 総務省は長男を職務上の「利害関係者」とし、接待を受けた幹部の倫理規程違反を認定。ほかの事業者からの接待についても調べたが、倫理規程に抵触するものはなかったとしている。吉田真人総務審議官や秋本芳徳前情報流通行政局長ら3人は、政府が昨年11月下旬から12月にかけて新型コロナウイルスへの集中的な対策を呼びかけていた「勝負の3週間」にも接待を受けていた。

 また接待問題をめぐり、市民団体が贈賄容疑で長男を、収賄容疑で同省幹部をそれぞれ東京地検に告発することが22日、分かった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ