PR

ニュース 社会

金大中事件の舞台、ホテルグランドパレスが6月末に営業終了

6月末で営業終了が決まったホテルグランドパレス=16日、千代田区飯田橋(橘川玲奈撮影)
6月末で営業終了が決まったホテルグランドパレス=16日、千代田区飯田橋(橘川玲奈撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、また一つ、都内のシンボルが幕を閉じる。千代田区飯田橋のホテルグランドパレス。昭和48年8月には、韓国の金大中(キム・デジュン)元大統領が、韓国中央情報部に拉致される「金大中事件」の舞台にもなった。同ホテルは今夏の東京五輪、パラリンピックの直前となる6月30日で、約半世紀続いた営業を終了する。

 ホテルは昭和47年2月、飯田橋に開業。近くには靖国神社や日本武道館などがある。地上24階建てで客室は458室、収容人数は最大820人。7つのレストランやラウンジ、20の宴会場がある。

 金大中事件についてホテル側は「当時を知る者がいない」としてコメントしていない。当時の産経新聞の報道などによると、金氏は野党政治家時代の48年8月8日午後、ホテル22階の部屋を出たところを男5人によって隣の部屋に押し込まれ、非常階段からホテル下に待機していた車に乗せられ拉致・連行された。

 金氏はその後、韓国で死刑判決を受けて獄中生活を送った後、4度目の大統領選で当選している。

 ホテルは国内外の多くの著名人にも親しまれてきたが、新型コロナの影響で、昨年の売り上げは前年比7割減に落ち込んだ。建物や設備も老朽化していたため、昨年末、今年7月から当面の間、営業を休止すると発表。今年に入って緊急事態宣言が再発令されると予約のキャンセルが相次ぎ、6月末で営業を終了することを決めたという。

 帝国データバンクによると、18日時点で新型コロナの影響で倒産したホテルや旅館は全国で79件、都内で8件確認されている。(橘川玲奈)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ