PR

ニュース 社会

神戸山口組幹部射殺、山口組系組員に無期懲役判決 

神戸地方裁判所=神戸市中央区
神戸地方裁判所=神戸市中央区
その他の写真を見る(1/2枚)

 兵庫県尼崎市の路上で特定抗争指定暴力団神戸山口組の男性幹部が自動小銃で射殺された事件で、殺人や銃刀法違反などの罪に問われた特定抗争指定暴力団山口組傘下組織の元組員、朝比奈久徳被告(53)=愛知県江南市=の判決公判が19日、神戸地裁で開かれ、小倉哲浩裁判長は「人命軽視も甚だしい」として求刑通り無期懲役を言い渡した。

 判決理由で小倉裁判長は、凶器に自動小銃を用いたことや男性幹部が倒れた後も執拗(しつよう)に銃弾を放った行為について「強固な殺意に基づく残虐極まりない犯行」と非難。一般市民に危害が及ぶ可能性のある場所での犯行だったことも踏まえ、求刑通りの判決が妥当とした。

 公判で検察側は「(組織から)何らかの指示を受けていたと思われる」と指摘し、弁護側は「組織性はない」と主張したが、判決は「組織性は認められない」と判断。対立する神戸山口組への反感から犯行に及んだとした。

 判決によると、朝比奈被告は令和元年11月、尼崎市内の路上で神戸山口組の古川恵一幹部=当時(59)=を自動小銃で射殺するなどした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ