PR

ニュース 社会

東北新幹線、全面再開に10日前後の見通し

運休が続く東北新幹線。震度6弱を観測した福島県桑折町の高架区間に並ぶ架線を支える柱(芹沢伸生撮影)
運休が続く東北新幹線。震度6弱を観測した福島県桑折町の高架区間に並ぶ架線を支える柱(芹沢伸生撮影)

 宮城、福島両県で最大震度6強を観測した13日深夜の地震をめぐり、JR東日本は14日、設備に被害が出たとして那須塩原-盛岡間で運転を見合わせている東北新幹線の全線運転再開に、10日前後かかるとの見通しを明らかにした。

 JR東によると、那須塩原-盛岡間で架線を支える電柱が傾く被害が数カ所見つかったほか、新白河-古川間で電柱が折れたり高架橋が損傷したりするなどの大きな被害が確認されたという。

 東北新幹線は現在、東京-那須塩原間、盛岡-新函館北斗間で本数を減らして運転している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ