PR

ニュース 社会

特殊詐欺の被害金横取り 指示役の男、容疑で逮捕

神奈川県警=横浜市
神奈川県警=横浜市

 高齢男性から現金をだまし取ったなどとして、神奈川県警捜査2課は9日、詐欺などの疑いで、住所不定、無職の柴田光祐容疑者(27)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は、静岡市葵区の無職、荒川楓被告(23)=本件の詐欺罪などで起訴、公判中=らと共謀のうえ、令和元年12月2日、神奈川県横須賀市に住む80代男性宅に、男性の長男を装って「会社のカネを使い込んでしまった。現金が必要。代わりの者が取りに行く」などと嘘の電話をかけ、翌3日、受け子役の男が男性宅を訪れ、現金600万円をだまし取ったなどとしている。

 同課によると、柴田容疑者はツイッター上で高額報酬などをうたう「闇バイト」で人を募集している特殊詐欺グループを見つけ、このグループから現金をだまし取ろうと計画。荒川被告らを闇バイトに参加させたうえ、男性から現金を詐取した後は、グループから離れ、現金を自分の元に持ってくるように荒川被告らに指示していた。

 県警は昨年6月、高齢女性宅に侵入し現金を強奪したなどとして、強盗致傷などの疑いで荒川被告を逮捕。関係先を捜索したところ、押収したスマートフォンなどから、柴田容疑者の本件への関与が浮上した。同課は余罪があるとみて、捜査を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ