PR

ニュース 社会

原発避難区域外住民の訴訟、東電が上告

 東京電力は9日までに、福島第1原発事故による放射線被ばくの不安で精神的苦痛を受けたとして、福島県内6市町の避難指示区域外の住民と遺族52人に損害賠償を命じた仙台高裁判決を不服として上告した。

 1月の仙台高裁判決は、一審の福島地裁が認めた賠償額を一部減額して約1186万円とした上で、東電側の控訴のほとんどを棄却した。

 東電は「判決内容を十分に精査し、総合的に判断して上告した」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ