PR

ニュース 社会

ネットでミス指摘 コロナ接触アプリ障害 厚労省、情報把握せず

 新型コロナウイルス対策で厚生労働省が推奨するスマートフォンのアンドロイド版アプリ「COCOA(ココア)」が昨年9月以降、陽性者との接触を通知できなかった問題で、障害の原因となったプログラムミスが昨年11月末にインターネット上のサイトで指摘されていたことが4日、分かった。

 厚労省は今年1月まで把握できず「対応は開発業者に委託している」としている。障害を洗い出す動作試験ではミス部分をチェックしていなかった。

 ミスが投稿されたのは、大量のプログラム情報がやりとりされ、多くの技術者が閲覧するサイト「GitHub」(ギットハブ)。厚労省は「アプリ機能の改善を図るため公開している」と説明している。

 このサイトで昨年11月末「(ココア)アンドロイド版では接触が検知されることはないと思われます」と匿名の投稿があり、12月にはミスの分析も掲載された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ