PR

ニュース 社会

同僚女性に睡眠薬混入 容疑で介護職員逮捕 わいせつ目的か

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

 老人ホームの同僚女性の飲み物に睡眠薬を混入して意識障害を起こさせたとして、大阪府警捜査1課は1日、傷害容疑で大阪府東大阪市長田東の介護職員、小橋茂之容疑者(50)を逮捕した。容疑を認めており、同課は小橋容疑者がわいせつ目的で睡眠薬を飲ませたとみている。

 逮捕容疑は昨年8月下旬、勤務先の大阪市内の老人ホームで、夜間当直で一緒だった20代の女性の飲み物に自分が処方されていた睡眠薬を入れ、約4時間にわたる意識障害を起こさせたとしている。女性は救急搬送されたが、その後回復した。

 捜査関係者によると、女性は平成30年9月ごろから小橋容疑者と当直勤務にあたった際に体調不良になるケースが数回あった。別に複数の同僚女性が同様の被害を訴えているほか、小橋容疑者の携帯電話に昏(こん)睡(すい)状態とみられる女性を撮影した動画があったといい、同課が詳しく調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ