PR

ニュース 社会

原発事故避難者訴訟の東京高裁判決要旨

 【東電の責任】

 東電は事故と相当因果関係がある損害について賠償責任を負う。誰もが居住地や環境で平穏な日常生活を送り、コミュニティーの中で人格を形成、発展させる人格的利益を有する。避難指示で避難を余儀なくされた人は人格的利益を侵害された。指示によらない避難でも放射線量、原発からの距離、避難時期などを考慮し、合理的と評価できる避難は、事故との間に相当因果関係がある。

 【慰謝料】

 慰謝料は従前の生活状況、避難と避難生活の状況などを考慮して算定する。避難指示対象区域が1100万~1500万円、旧緊急時避難準備区域と旧特定避難勧奨地点が260万~580万円、自主的避難対象区域が30万~70万円。認容額は既に東電から受領した分を控除した残額となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ