PR

ニュース 社会

岡山県警が暴力団員ら10人逮捕、警戒区域で集合容疑

 特定抗争指定暴力団山口組と神戸山口組の対立をめぐり、岡山県警は20日、「警戒区域」に指定されている岡山市内で大人数で集まったとして、暴力団対策法違反(多数集合)の疑いで、神戸山口組系藤健興業(岡山県倉敷市)幹部、荒木長茂容疑者(47)ら10人を逮捕、同組組長の横森啓一容疑者(59)ら3人を全国に指名手配した。特定抗争指定に関する違反での摘発は全国で初めて。

 逮捕容疑は昨年12月25日午後0時45分~同2時10分ごろにかけ、警戒区域に指定されている岡山市内の飲食店で、10人以上の大人数で会食したとしている。県警では、会食の目的を調べるとともに、逃走している横森容疑者ら3人の行方を追っている。

 岡山市では昨年5月、神戸山口組系池田組(岡山市)の幹部が銃撃される事件があり、県公安委員会は同7月、岡山市を警戒区域に指定。組員はおおむね5人以上での集合や、事務所への出入りが禁じられている。

 藤健興業をめぐっては同12月、倉敷市の事務所が山口組系組織の男らに襲撃される発砲事件が発生。県公安委は倉敷市も警戒区域に指定することを決定し、今月22日に公示する。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ