PR

ニュース 社会

鼻出しマスクの49歳受験生を逮捕 警視庁、トイレ不退去疑い

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 16日の大学入学共通テストで「鼻出しマスク」の受験生が再々の注意に従わず失格となった問題で、この受験生が失格後に会場内のトイレに長時間居座ったとして、警視庁が建造物不退去容疑で現行犯逮捕していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。

 大学入試センターや捜査関係者などによると、逮捕されたのは49歳の男。東京都江東区の試験会場で16日、最初に実施された地理歴史・公民の試験の際からマスクで鼻を覆っていなかった。

 試験監督が何度も注意を行い、6回目には、次は不正行為になると伝達。午後の英語・リーディングの試験中に失格を告げたが、応じず席から動かなかった。

 同じ教室の受験生は別室に誘導され、試験が続けられたという。

 捜査関係者によると、その後、男は、男子トイレに移動して閉じ籠もり、会場側の職員が110番通報した。警察官も説得を続けたが、それにも応じず、個室内に居座った。午後10時ごろ、警察官が個室上部から内部に入り、現行犯逮捕した。

 試験監督らに対し、男は「これが自分の正しいマスクの着用」などと主張していたという。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ