PR

ニュース 社会

太平洋側も大雪の恐れ 低気圧通過、平地で積雪

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

 日本の南岸を通過する低気圧の影響で、12日夕方にかけて太平洋側は山地を中心に大雪、平地でも積雪の恐れがあり、国土交通省や気象庁は11日、不要不急の外出を控え、車の立ち往生や交通ダイヤの乱れに警戒するよう呼び掛けた。東京23区も積雪が見込まれる。

 冬タイヤの携行・装着が必要だ。除雪による道路の通行止めも考えられる。事業用のトラック・バスが夏タイヤのまま雪道で立ち往生し、悪質と認定されると、車両の使用停止などの行政処分を受ける可能性がある。

 12日午後6時までの24時間予想降雪量は山地を中心にいずれも多い所で四国、近畿、東海20センチ、九州北部、山陽、関東甲信15センチ、九州南部10センチ。

 一方、大雪のピークを越えた北陸では積雪が多く、除雪中の事故や屋根からの落雪、雪崩に注意が必要だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ