PR

ニュース 社会

積雪や路面凍結に警戒 強い冬型の気圧配置続く

積もった雪で動けなくなったバス=9日午前、富山市
積もった雪で動けなくなったバス=9日午前、富山市

 日本付近は10日にかけて強い冬型の気圧配置が続く見通しで、気象庁は9日、改めて北日本から西日本で積雪や路面凍結による交通障害、雪崩や着雪に警戒を呼び掛けた。特に北陸は断続的に強い雪が降り、短い時間で降雪量が増える恐れがあるとしている。

 東北新幹線は雪が原因とみられるポイント故障で一時運転を見合わせ、秋田、山形の各新幹線も遅れの影響が出た。山陽新幹線は雪を警戒し速度を落として運転した。

 気象庁によると、上空約1500メートルに北日本で氷点下18度以下、東日本や西日本は氷点下12度以下の寒気が流れ込む。

 10日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い地域で北陸100センチ、東海70センチ、東北、近畿、中国50センチ、北海道40センチ、九州北部30センチ、四国25センチ、九州南部15センチ。その後の24時間は北陸60~80センチ、東海、近畿、中国20~40センチ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ