PR

ニュース 社会

東北・新潟4万5000戸停電 秋田中心、避難所も設置

陸上自衛隊員による除雪が行われた秋田県横手市の市立栄小=7日午前
陸上自衛隊員による除雪が行われた秋田県横手市の市立栄小=7日午前

 急速に発達した低気圧による大雪や暴風の影響で、岩手、秋田、新潟の3県で8日午前9時現在、計4万5959戸が停電している。停電は7日から続いており、秋田市は市内39カ所に避難所を設置した。記録的大雪に見舞われた秋田県横手市では早朝から市民が除雪作業に追われた。

 東北電力ネットワークによると、停電戸数が最も多いのは秋田の4万5494戸。新潟が432、岩手が33。全面復旧のめどは立っていない。

 避難所の一つ、秋田市役所内にある「中央市民サービスセンター」には午前9時ごろ、男女6人が身を寄せていた。市は新型コロナウイルス対策で複数の部屋に分けて受け入れた。

 同市の男性会社員(48)は「ここまで長時間の停電は初めて」と驚いた様子。停電は7日夜から続いていたといい「暖房器具が使えず、布団に入って一晩過ごした。電気のありがたみを改めて感じた」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ