PR

ニュース 社会

コロナ給付金を不正受給…容疑の男3人再逮捕 神奈川

神奈川県警本部
神奈川県警本部

 新型コロナウイルス対策で国が個人事業主らに支給する持続化給付金をだまし取ったとして、神奈川県警捜査2課は6日、詐欺の疑いで、同県海老名市中野の会社役員、安東冬馬被告(35)=別の詐欺罪で起訴=ら男3人を再逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 再逮捕容疑は共謀して、20代の会社員女性に個人事業主と偽って持続化給付金をオンライン申請させ、昨年7月21日に給付金100万円を女性の口座に振り込ませ、だまし取ったとしている。

 同課によると、3人は同様の手口で給付金計200万円をだまし取ったとして、これまでに2回逮捕されていた。今回、女性に申請方法を指南したとして、同課は詐欺容疑で、東京都新宿区上落合の会社員、佐々木郁弥容疑者(24)を新たに逮捕。この犯行グループが計60件、総額約6千万円の不正受給に関わった疑いがあるとみて捜査を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ