PR

ニュース 社会

風俗店従業員の女性に覚醒剤打とうとした疑い 男を逮捕 神奈川県警

神奈川県警本部=横浜市中区
神奈川県警本部=横浜市中区

 女性に覚醒剤を注射しようとしたなどとして、神奈川県警南署は5日、覚醒剤取締法違反(所持)と暴行の疑いで、同県茅ケ崎市緑が浜の自称自営業、村石恭男容疑者(50)を逮捕した。容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年11月17日午前2時10分ごろ、横浜市南区のホテルの一室で、覚醒剤1袋(約0・5グラム)と覚醒剤水溶液の入った注射器1本を所持したうえ、同市神奈川区に住む風俗店従業員の女性(26)に注射器を向けて腕をつかむなどの暴行を加えたとしている。

 同署によると、女性は店から派遣されて部屋に向かうと、村石容疑者から「お前もやれ」などと言われ、覚醒剤を注射されそうになった。女性は避難し、店の店長を通じて110番通報。駆け付けた同署員が部屋の外にいた村石容疑者に声をかけたところ、村石容疑者は「任意の捜査なら受けない」などと言い、その場を立ち去った。

 その後、部屋から注射器などが見つかり、鑑定作業などが続けられていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ