PR

ニュース 社会

クロアチアで地震7人死亡 M6・4、行方不明者も

クロアチア中部の町ペトリニャ(ロイター)
クロアチア中部の町ペトリニャ(ロイター)
その他の写真を見る(1/4枚)

 米地質調査所(USGS)によると、クロアチア中部で29日午後0時20分(日本時間同8時20分)ごろ、マグニチュード(M)6・4の地震があった。建物が損壊し、AP通信によると、少女(12)を含む7人が死亡。負傷者も出ており、少なくとも26人が入院した。行方不明者もいる。

 震源は中部ペトリニャ付近で震源の深さは10キロ。28日にも同じ地域でM5・2の地震があった。

 プレンコビッチ首相はペトリニャを訪問。「多くの建物が使い物にならない」などと述べ、被害の大きさを訴えた。救助活動に当たるため軍が展開。壊れた住宅の下から泣き叫ぶ声も聞かれた。

 隣国スロベニアなどでも揺れが感じられた。国際原子力機関(IAEA)は、スロベニア当局から同国内でクロアチアと共同運営するクルシュコ原発は停止し安全な状態だと連絡を受けたと発表した。

 クロアチアでは3月にも首都ザグレブ付近を震源とするM5・4の地震が発生、被害が出ている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ