PR

ニュース 社会

北陸、降雪60~80センチ恐れ 30日から強い冬型、警戒を

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

 日本付近が30日から強い冬型の気圧配置になるとして、気象庁は同日正午からの24時間に各地で予想される降雪量を28日発表した。日本海側を中心に北陸で60~80センチ、近畿や中国で50~70センチに達する恐れがあり、大雪による交通障害や建物被害に警戒を呼び掛けている。

 他の地域で同様に予想される降雪量は、関東甲信40~60センチ、東北、東海30~50センチ、北海道20~40センチ。また、普段はあまり雪が降らない九州北部で20~40センチ、四国、九州南部でも10~20センチと見込まれるとしている。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が30日に本州付近を通過し、その後、日本上空に強い寒気が流れ込んで強い冬型の気圧配置となりそうだ。この状態は元日以降も続く恐れがある。北日本から西日本の日本海側を中心に雪が降り、平地でも大雪になる恐れがある。

 風も強まるとみられ、30日の予想最大風速(最大瞬間風速)は北陸、近畿、中国、九州、沖縄20~24メートル(25~35メートル)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ