PR

ニュース 社会

雪下ろしの75歳男性死亡 群馬・みなかみ町 車庫から転落か

 27日午前10時半ごろ、群馬県みなかみ町石倉の無職、佐藤健一郎さん(75)方で、朝から車庫(高さ292センチ)の雪下ろしをしていた佐藤さんが、コンクリートの床の上で倒れているのを妻が発見、119番通報した。救急搬送されたが、両肺気胸により、死亡が確認された。

 沼田署によると、アクリル板(厚さ2ミリ)の車庫の屋根が破れており、そこから転落したとみられる。屋根は佐藤さんは午前8時半ごろから1人で雪下ろしを始め、妻が休憩するよう呼び掛けに行って発見した。

 佐藤さんは妻と長男の3人暮らし。この冬、同署管内で雪下ろし中に起きた死亡事故は初めて。車庫の天井の積雪は32センチだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ