PR

ニュース 社会

千葉県で鳥インフル、東日本で今季初 116万羽殺処分

高病原性鳥インフルエンザが確認され、鶏の殺処分に向かう千葉県の職員ら=24日、同県いすみ市(県提供)
高病原性鳥インフルエンザが確認され、鶏の殺処分に向かう千葉県の職員ら=24日、同県いすみ市(県提供)

 千葉県は24日、同県いすみ市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが確認されたと発表した。県によると、殺処分の対象は約116万羽に達し、国内では過去最大という。今季の養鶏場での発生は香川や福岡などに続き13県目で、東日本では初めて。

 県は感染拡大を防ぐため、鳥インフルが確認された養鶏場から半径3キロ圏内で鶏の移動を、同3~10キロ圏内では車などでの運搬をそれぞれ制限。同10キロ圏内の5カ所に拠点を設け、原則としてすべての通過車両を消毒する。

 殺処分は来年1月7日までに終わる見込みで、県職員に加えて陸上自衛隊の派遣も要請するなど、のべ約1万6000人態勢で臨む。鶏の死骸の焼却や埋設処分も同時並行で進める。

 検出されたウイルスの遺伝子はH5型で、数日かけて毒性などを詳しく調べる。同型の遺伝子は今季に入り、北海道や新潟、鹿児島などでも野鳥から検出されており、渡り鳥経由で感染した可能性がある。

 県によると、同養鶏場では23日に220羽の鶏が死んでいるのが見つかり、県に通報。すべて1棟の鶏舎内で死んでおり、他の鶏舎で異変は見られなかった。

 今回の事態を受け、森田健作知事は24日に県庁で対策本部会議を開き、「鳥インフルが蔓延した場合、地域の産業に大きな影響が生じる恐れがある」と強調。ウイルスの封じ込めや速やかな情報提供を指示した。

 その後、県庁を訪れた葉梨康弘農林水産副大臣と対応を協議。葉梨副大臣は「なによりも初動が大切だ。確実な封じ込めをお願いしたい」とした上で支援を約束した。

 千葉県は鶏卵の生産が盛んで平成30年の産出額は341億円に達し、茨城県に次いで全国2位だった。首都圏への一大供給地として知られるが、今回の殺処分は県全体の採卵用の鶏の1割近くに上り、影響が懸念される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ