PR

ニュース 社会

高齢者運転相談ダイヤルに1万2千件

警察庁
警察庁

 警察庁は24日、高齢ドライバーによる交通事故などを防ぐため設けた専用ダイヤル「#8080(ハレバレ)」で、運用開始の昨年11月22日~今年11月末、1万2851件の相談を受理したと発表した。同庁幹部は「本人だけでなく、不安を感じている周囲の人も気軽に活用してもらいたい」と話している。

 警察庁によると、75歳以上を対象とした相談は2483件(19・3%)。そのうち家族からの相談が1256件(50・6%)を占め、本人が1055件(42・5%)、医療関係者が86件(3・5%)と続いた。

 2483件の相談内容は病気関連が多く、認知症が634件(25・5%)、脳卒中が305件(12・3%)。運転免許証の自主返納については562件(22・6%)だった。

 専用ダイヤルは、電話すると最寄りの都道府県警の相談窓口に自動でつながる仕組み。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ