PR

ニュース 社会

袴田さん、異例の釈放状態継続へ

 死刑囚だった袴田巌さんは平成26年、再審開始を認める静岡地裁決定で刑と拘置の執行が停止され、約48年ぶりに釈放された。無罪が確定しないままの釈放は異例で、今回の最高裁決定後も釈放状態が続く。

 26年3月の静岡地裁決定は、有罪認定の有力証拠となった犯行時の着衣について「(捜査機関に)捏造(ねつぞう)された疑いがある」と言及。「無罪の可能性が相当程度明らかになった現在、これ以上拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する」として釈放を決断した。静岡地検は執行停止の取りやめを申し入れたが、地裁は拒否。決定当日に東京拘置所を出て故郷・静岡に帰った。

 東京高裁は30年6月、再審開始を認めた地裁決定を取り消す一方、袴田さんの年齢や健康状態を考慮し、刑と拘置の執行停止を取り消すのは「相当でない」とした。今回の最高裁決定は身柄に関して言及しなかったが、引き続き収監されない見通しだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ