PR

ニュース 社会

人気ブランド「シュプリーム」代表取締役を逮捕 覚醒剤所持容疑 警視庁

 東京都内のホテルで覚醒剤を所持したとして、警視庁麻布署などが覚醒剤取締法違反容疑で、人気ファッションブランド「Supreme(シュプリーム)」代表取締役の大村健一容疑者(52)=渋谷区=を現行犯逮捕していたことが22日、同署への取材で分かった。「自分で使うために持っていた」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は、今月18日午前0時ごろ、港区東麻布のホテルで、覚醒剤約1・1グラムを所持したとしている。

 同署によると、付近を巡回中だった同庁自動車警ら隊が、ホテルの近くにいた大村容疑者を発見。急にホテルへ入っていくなど挙動が不審だったことから、ホテル内まで追尾し、所持品検査などを実施した。

 袋に入った状態の覚醒剤のほか、注射器なども見つかり、同署は覚醒剤の使用容疑も視野に入手経路など詳しい経緯を調べる。

 シュプリームは米国発のブランドで、日本国内にも都内や大阪、福岡などに店舗を構える。若者らを中心に人気があり、限定商品の発売日などには店舗前に長蛇の列ができることでも知られる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ