PR

ニュース 社会

静岡長女性的暴行、逆転有罪 父に懲役7年判決 東京高裁

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

 平成29年に静岡県の自宅で長女=当時(12)=に性的暴行を加えたなどとして、強姦と児童買春・ポルノ禁止法違反の罪に問われた男の控訴審判決公判が21日、東京高裁で開かれた。近藤宏子裁判長は強姦罪について無罪とした1審静岡地裁判決を破棄し、懲役7年を言い渡した。

 公判は長女の被害証言が唯一の直接証拠で、証言の信用性が最大の争点だった。

 寝ている間に性交を強要されたとの証言について、1審判決は「家が狭く、隣で妹も寝ていたのに、家族が誰も気付かなかったとは考え難い」と信用性を否定したが、近藤裁判長は「長女は『声を出した際に殴られた』などと証言しており、被告が発覚を免れるための行動を取ったと考えられる」と指摘。家族が気付かなかったことだけで証言の信用性を否定した1審判決を不合理と断じた。

 高裁は、長女に軽度の知的障害などがあるとする医師の鑑定結果を採用。性被害を受けた頻度や曜日の証言が変遷したことも、「質問の意味を理解して正確に答えることが困難」とし、「証言には高度の信用性が認められる」と結論付けた。

 また、子供から性犯罪被害を聞く「司法面接」の手法で長女が犯行日を明言した点を重視。弁護側は長女の1審の公判証言と食い違うなどとして証拠採用しないよう主張したが、近藤裁判長は公判証言よりも信用できるとして退けた。

 判決によると、男は29年6月16日ごろ、長女が13歳未満と知りながら自宅で性的暴行を加えた。1審は懲役7年の求刑に対して強姦罪は無罪とし、児童ポルノ動画を所持したとする罪については罰金10万円とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ