PR

ニュース 社会

警官が発砲、包丁の男性死亡 新潟県警「適正使用」

新潟県警=新潟市中央区(池田証志撮影)
新潟県警=新潟市中央区(池田証志撮影)

 18日午後8時50分ごろ、新潟市西蒲区の住宅に通報を受けて駆け付けた新潟県警西蒲署地域課の40代の男性警部補が、包丁を振りかざして向かってきた住人の男性(37)に拳銃を発砲して弾が胸に当たり、男性は死亡した。県警の清水宏明警務課長は「報告を聞いた限り、現時点では拳銃の使用は適切だったと考える」としている。

 県警によると、18日午後8時35分ごろ、同区津雲田の男性の家族から「精神的に不安定な兄が包丁を持っている」と110番通報があった。警部補を含む署員3人が8時45分ごろ到着し、住宅内にいた男性に包丁を捨てるよう玄関先で警告したが、従わなかった。

 署員3人は拳銃を構えたが、男性は刃渡り約20センチの出刃包丁を振りかざしながら警部補に向かってきたため、約2メートル先の距離で発砲。男性は市内の病院に搬送された後、午後10時50分ごろに死亡が確認された。

 警部補の発砲は1発だけで、威嚇発砲はしていなかった。県警捜査1課は、被疑者死亡のまま公務執行妨害容疑で捜査し、発砲した経緯など当時の詳しい状況を警部補から聴くとともに、男性を司法解剖して死因を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ