PR

ニュース 社会

座間9人殺害、弁護人が控訴 死刑判決を不服

白石隆浩被告(ツイッターから)
白石隆浩被告(ツイッターから)

 神奈川県座間市のアパートで平成29年に15~26歳の男女9人を殺害したなどとして、強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職、白石隆浩被告(30)の弁護人は18日、死刑とした1審東京地裁立川支部の裁判員裁判判決を不服として控訴した。

 被害者が殺害を承諾していたかどうかが争点で、白石被告は公判で「9人とも承諾はなかった」などと起訴内容を認め、「裁判を早く終わらせたい。死刑でも控訴しない」との意向を示していた。弁護側は承諾があったとして、有期刑のみの承諾殺人罪の成立を主張していた。今回の控訴が被告の意向かどうかは明らかになっていない。

 15日の判決は、9人とも「承諾はなかった」と認定。被告の刑事責任能力も認め、「犯罪史上まれにみる悪質な犯行」として求刑通り死刑を言い渡した。

 判決によると、白石被告は座間市の自宅アパートで29年8月下旬~10月下旬、女性8人に性的暴行した上、男性1人を加えた9人をロープで首を絞めて殺害し、現金数百~数万円を奪った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ