PR

ニュース 社会

巡回などの合間に「LINE」 刑務官2人を懲戒処分

 職務中にスマートフォンを操作し業務に専念していなかったとして、大阪拘置所(大阪市都島区)は18日、40代の男性刑務官2人を戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。

 大阪拘置所によると、40歳の刑務官は平成29年4月~今年2月、同拘置所で勤務中にスマホを持ち込み、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で600回以上メッセージを送信。44歳の刑務官も尼崎拘置支所(兵庫県尼崎市)に勤務していた30年3月~今年3月の間、ラインで3千回以上メッセージを送信していたという。

 2人は被収容者の居室の巡回や連行する業務の担当で、携帯電話を持ち込むことが禁止されていた。スマホを操作している様子を上司が目撃するなどして発覚した。2人は「家族や知人と連絡を取るためだった」などと話しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ