PR

ニュース 社会

再び大雪の恐れ 交通障害に警戒を

前のニュース

大雪の降った越後湯沢駅周辺=17日午後、新潟県湯沢町(萩原悠久人撮影)
大雪の降った越後湯沢駅周辺=17日午後、新潟県湯沢町(萩原悠久人撮影)

 19~20日にかけて北日本から東日本の日本海側を中心に再び大雪になって積雪が増える恐れがあるとして、気象庁は18日、積雪や路面凍結による交通障害、雪崩や着雪に注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、北日本や北陸の上空約5千メートルに氷点下30度以下の寒気が流れ込み、18日も北日本から東日本の日本海側を中心に雪が降った。19~20日にかけて北日本や東日本の上空に強い寒気が再び流れ込み、冬型の気圧配置が強まりそうだ。

 19日午前6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で、東北、北陸40センチ、関東甲信20センチ。その後の24時間は北陸、関東甲信60~80センチ、東北50~70センチの見通し。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ