PR

ニュース 社会

稲川会系へ現金渡す GS経営法人と組員に勧告 神奈川県公安委

 暴力団員に現金を供与したとして、神奈川県警暴力団対策課は17日、県公安委員会が県暴力団排除条例に基づき、県内の石油製品販売会社に利益供与をしないよう、また指定暴力団稲川会系組員の男(33)に利益供与を受けないよう、それぞれ勧告した。

 同課によると、同社が経営するガソリンスタンドの店長の男性(48)は6月15日、店内に設置されたスロットマシンの売り上げの一部である現金計約2万2千円を男に供与した。男性は同課に対し、店でのトラブルの処理を男に任せる意図を持って現金を渡したなどと供述。この店では男性が昨年8月に店長に就く以前から、暴力団に現金を渡すことが慣習になっていた。

 その後、男がスロットマシンの売り上げだけでなく、「ただで洗車をさせてくれ」とさらに利益供与を要求してきたことから、男性が警察に相談。同課が調べを進めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ