PR

ニュース 社会

睡眠導入剤混入、80代男性死亡 一律見舞金支払い

 爪水虫などの治療薬に睡眠導入剤成分が混入した問題で、陳謝する小林化工の幹部ら=17日午後、福井県あわら市
 爪水虫などの治療薬に睡眠導入剤成分が混入した問題で、陳謝する小林化工の幹部ら=17日午後、福井県あわら市

 爪水虫などの治療薬イトラコナゾール錠50「MEEK」に睡眠導入剤成分が混入し、健康被害が広がっている問題で、製造した福井県あわら市の「小林化工」は17日、服用した80代男性が11月23日に亡くなっていたと発表した。男性の主治医の見解として「服用を中止してから亡くなっており、死亡との因果関係が認められる可能性は低い」としている。服用した人の死亡は首都圏の70代女性に続き2人目。

 同社によると、男性は中部地方の病院に入院中に薬を服用。軽度の意識障害である「傾眠」の症状が確認され、服用を中止した後に亡くなった。主治医の説明では、もともとの疾患の状況などから、薬の服用が死亡原因と認められる可能性は低いが、服用していた期間などの確認を進めているという。同社の梶田俊之・信頼性保証本部長は「患者さまのご冥福をお祈り申し上げる」とし、「服用で傾眠の症状があったことを重く受け止めた」と公表の理由を説明した。

 混入があった薬は31都道府県で364人に処方されており、同社は全員に一律30万円の見舞金を支払うことを明らかにした。健康被害に伴う治療費や補償金などは別に支払うという。

 原因究明に向け、弁護士や外部有識者ら3人による調査委員会を設置。近く会合を開き、混入原因の分析や再発防止策を調査報告書としてまとめる。

 17日午前0時時点で、意識消失やふらつきなどの健康被害は157人、自動車など運転中の事故は20人、救急搬送または入院(退院を含む)35人が報告されているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ