PR

ニュース 社会

大雪立ち往生、寒さと空腹「どうすることも…」 関越道

前のニュース

新潟県の関越自動車道塩沢石打IC付近で、大雪の影響で立ち往生した車=17日午前9時50分ごろ(脇屋義信さん提供)
新潟県の関越自動車道塩沢石打IC付近で、大雪の影響で立ち往生した車=17日午前9時50分ごろ(脇屋義信さん提供)

 新潟、群馬両県の関越自動車道で16日から17日にかけて発生した大雪による立ち往生。「どうすることもできなかった」。ほぼ丸1日何も口にできないドライバーもおり、空腹や寒さで疲労の色を濃くした。

 20代の男性トラック運転手は16日昼に新潟県で荷物を積み込み、群馬県方面へ向かっていた。国道が渋滞していると分かり、新潟県魚沼市の小出インターチェンジ(IC)から関越道に入ったが、同日夜、同県南魚沼市付近で身動きが取れなくなった。雪は膝上まで積もり、16日夜から何も口にできず、17日昼も過ぎた。立ち往生は複数箇所で発生しており、男性はツイッターでの取材に「もうどうにもならないと感じた」と答えた。

 群馬県みなかみ町の月夜野IC付近では、トラック約20台が立ち往生。新潟県の運送会社に勤める運転手皆川誠さん(49)は「16日夜から10時間以上止まっている」と疲れをにじませた。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ