PR

ニュース 社会

18日夜から再び大雪 冬型の気圧配置強まる

前のニュース

大雪の降った越後湯沢駅周辺で雪をかき出す人々=17日午後、新潟県湯沢町(萩原悠久人撮影)
大雪の降った越後湯沢駅周辺で雪をかき出す人々=17日午後、新潟県湯沢町(萩原悠久人撮影)

 北日本から東日本の日本海側は20日ごろにかけて雪が降り続き、特に18日夜から20日ごろにかけては再び大雪になって積雪が増えそうだ。気象庁は17日、積雪や路面凍結による交通障害、雪崩や着雪に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、日本付近の冬型の気圧配置はいったん緩むが、18日夜から再び強まり、北日本や東日本の上空に強い寒気が流れ込む見通し。

 18日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で東北、北陸40センチ、関東甲信30センチ。その後の24時間は北陸60~80センチ、東北50~70センチ、関東甲信40~60センチ。

 17日午後までの3日間の降雪量は、群馬県みなかみ町で200センチ、新潟県津南町で170センチ、岩手県西和賀町で140センチ、福島県檜枝岐村で130センチ、山形県尾花沢市で110センチにそれぞれ達した。また、津市や神戸市で初雪を観測した。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ