PR

ニュース 社会

震災犠牲者の身元判明 宮城・石巻の86歳女性

 宮城県警は17日、石巻市の金華山沖で平成23年4月3日に見つかり、東日本大震災の犠牲者として収容した遺体が同市の無職、阿部清江さん=当時(86)=と判明したと発表した。

 県警によると、当時入院していた石巻市立雄勝病院から南東約45キロの海上で、海上自衛隊のヘリコプターが発見した。死因は溺死とみられる。

 腹の手術痕などの身体的な特徴や、細胞内のミトコンドリアという小器官に含まれるDNA型の鑑定で特定した。

 遺体を収容していた女川町が21日、親族に遺骨を引き渡す予定。親族は県警を通じ「9年たった今でも捜し続けてくださり感謝申し上げる。供養でき大変うれしい」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ