PR

ニュース 社会

18日にかけて大雪の恐れ 交通障害に警戒呼び掛け

前のニュース

関越自動車道で立ち往生する車の列=17日朝、新潟県南魚沼市(東日本高速道路のライブカメラから)
関越自動車道で立ち往生する車の列=17日朝、新潟県南魚沼市(東日本高速道路のライブカメラから)

 今季最強の寒気の影響で北日本から西日本の日本海側を中心に18日にかけて大雪になるとして、気象庁は17日、積雪や路面の凍結による交通障害に警戒を呼び掛けた。雪崩や着雪にも注意が必要だ。山地のほか平地でも大雪の恐れがある。

 17日朝までの72時間降雪量は群馬県みなかみ町で217センチに達し、他に新潟県津南町で170センチ、岩手県西和賀町で140センチ、福島県只見町や岩手県一関市で120センチ、山形県尾花沢市で110センチにそれぞれ達した。このうち、みなかみ町や西和賀町、一関市の降雪量は観測史上の最多記録。

 気象庁によると、上空約5千メートルに北日本で氷点下39度以下、東日本で同36度以下、西日本で同30度以下の寒気が流れ込んだ。冬型の気圧配置は17日午後にいったん緩み、18日夜から19日に再び強まる見込み。寒気の流れ込みも強まる。

 18日午前6時までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で北陸70センチ、東北、関東甲信、近畿50センチ、東海40センチ、中国30センチ。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ