PR

ニュース 社会

交通障害に警戒呼びかけ 気象庁、強い寒気で大雪

前のニュース

雪化粧した福島市の中心部=17日午前8時10分(芹沢伸生撮影)
雪化粧した福島市の中心部=17日午前8時10分(芹沢伸生撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 気象庁は17日、今季最強の寒気の影響で北日本から西日本の日本海側を中心に18日にかけて大雪になる所があるとして、積雪や路面の凍結による交通障害に警戒を呼びかけた。雪崩や着雪にも注意が必要という。

 気象庁によると上空約5千メートルに北日本で氷点下39度以下、東日本で同36度以下、西日本で同30度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が続いている。

 18日午前6時までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で北陸70センチ、東北、関東甲信、近畿50センチ、東海40センチ、中国30センチ。

 17日午前までの48時間降雪量は群馬県みなかみ町で190センチ、新潟県湯沢町で130センチを超え、観測史上最も多くなっている。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ