PR

ニュース 社会

大雪影響 列車運休、車両立ち往生 

前のニュース

岩手県北上市内の国道4号で、大雪のため立ち往生する大型車=16日午後2時4分
岩手県北上市内の国道4号で、大雪のため立ち往生する大型車=16日午後2時4分

 今季最強の寒気の影響で、16日も北日本から西日本の日本海側を中心に断続的に雪が降り、道路での車両の立ち往生や列車の運休が発生した。雪は17日も降り続く恐れがあり、気象庁は積雪や路面凍結による交通障害、雪崩・着雪に警戒を呼び掛けている。平地でも大雪の可能性がある。

 16日は大雪のためJR北海道が特急を含む100本以上の列車の運休を決定した。岩手県では国道107号が北上市と西和賀町の区間で多くの車が一時、立ち往生した。

 16日午後までの48時間降雪量は、群馬県みなかみ町で170センチ、新潟県湯沢町で140センチ、西和賀町で120センチ、福島県只見町や山形県大蔵村で90センチをそれぞれ超えた。西日本でも岡山、高松、熊本、大分の各市で初雪が観測された。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ