PR

ニュース 社会

日本海側中心に大雪 今季最強寒気の影響続く

前のニュース

 今季最強の寒気の影響で、17日にかけて北日本から西日本の日本海側を中心に断続的に雪が降る恐れがあり、気象庁は16日、積雪や路面凍結による交通障害、雪崩・着雪に警戒を呼び掛けた。山地だけでなく平地でも大雪となる可能性がある。群馬県みなかみ町では16日午前までの2日間の降雪が150センチを超えた。

 気象庁によると、北日本の上空約5千メートルに氷点下36度以下、東日本には同30度以下、西日本で同24度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が続いている。

 今後17日午前6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で北陸100センチ、関東甲信80センチ、東北、近畿70センチ、中国60センチ、東海50センチ、北海道40センチ。その後の24時間は東北40~60センチ、北陸30~50センチ、関東甲信、東海、近畿、中国20~40センチ。

 16日朝は盛岡市藪川で真冬並みの氷点下19・3度を記録したほか、東京都心部で0・5度、大阪市中央区で2・7度まで冷え込み、それぞれ今季最低気温となった。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ