PR

ニュース 社会

防災教育充実に努める 文科相、宮城・名取視察

宮城県名取市の閖上地区で、関係者から復興状況の説明を受ける萩生田文科相(左)=10日午前
宮城県名取市の閖上地区で、関係者から復興状況の説明を受ける萩生田文科相(左)=10日午前

 萩生田光一文部科学相は10日、東日本大震災で津波被害を受けた宮城県名取市を訪れ、被災後に一貫校として再建した市立閖上小中学校や震災メモリアル公園などを視察した。視察後、記者団に「震災の教訓が決して忘れられることがないよう、防災教育の充実に努めていかなければならない」と述べた。

 閖上小と閖上中の校舎は津波に被災。平成30年4月、4階建てで屋外避難階段や屋上避難スペースなどを備えた小中学校として統合し、建て直された。

 萩生田氏は市幹部らの案内で校舎を見学し、近くのメモリアル公園では犠牲者を悼む慰霊碑に献花した。「被災経験から学ぶ防災教育を進めることが重要。視察を今後の参考にしたい」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ