PR

ニュース 社会

全国初、コロナ家賃給付金詐取か、美容師の女を逮捕 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 新型コロナウイルスの影響で経営に打撃を受けた個人事業主などの家賃を支援する国の「家賃支援給付金」約170万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は詐欺の疑いで、栃木県小山市、美容師、大平恵子容疑者(41)を逮捕した。この給付金の不正受給の摘発は全国で初めてだという。

 捜査2課によると、大平容疑者は過去に住んでいた栃木県内のアパートで美容室を営んでいると装い、家賃を毎月数十万円支払っているとする賃貸借契約書などを偽造。中小企業庁のサイトから申請手続きを行ったとみられる。アパートの貸主に給付の通知が届き発覚した。調べに対し、容疑を認めているという。

 家賃支援給付金は、新型コロナの影響で、前年より売り上げが減少した中小企業や個人事業主に支給される。最大支給額は企業が600万円、個人事業主は300万円。

 逮捕容疑は今年8月、中小企業庁に、書類を偽造して家賃支援給付金を申請し、約170万円を詐取したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ