PR

ニュース 社会

EXILEサイトで4万件情報流出か、不正使用の疑いも

 人気音楽グループ「EXILE」などが所属する芸能事務所「LDH JAPAN」は8日、運営するオンラインショップが不正アクセスを受け、4万件以上のクレジットカード情報が流出した可能性があると発表した。このうち209件のカード情報については、不正利用された疑いもあるという。

 同事務所によると、不正アクセスを受けたのは所属アーティストのグッズなどを販売する「EXILE TRIBE STATION ONLINE SHOP」。8月18日から10月15日に同サイトでカード情報を新規に登録したり、登録済みのカード番号を変更したりした利用者の4万4663件のカードの名義人や番号などが流出した可能性があるという。

 10月15日に信販会社から情報漏洩(ろうえい)の可能性を指摘されたため、同日サイトを停止。第三者機関に調査を依頼したところ、11月17日にカード情報流出の可能性を確認したという。

 報告が遅れたことについて同事務所は「不正確な情報の公開が混乱を招く可能性を考慮し、専門家に相談の上で調査機関の最終報告書を待っていたため」と説明。「事態を厳粛に受け止め、再発防止のための対策を講じてまいります。お客様をはじめ、関係者の皆様には重ねておわびを申し上げます」としている。問い合わせはお客様相談窓口、フリーダイヤル0120・382352。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ