PR

ニュース 社会

飲酒運転で逆走、警察署内で暴行も 埼玉の男を千葉で逮捕

 飲酒運転で県道を逆走し、乗用車に衝突して男女2人に軽傷を負わせたとして、千葉県警千葉西署は8日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、埼玉県ふじみ野市上福岡の自称運送業、曽我秀一容疑者(55)を再逮捕した。「酒を飲んで運転したことは間違いないが、事故については覚えていない」と容疑を否認している。

 曽我容疑者は6日、同署で署員に暴行し、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されていた。

 逮捕容疑は、12月6日午後2時20分ごろ、千葉市美浜区豊砂の県道を酒を飲んで運転し、逆走して交差点に進入、右折していた乗用車に衝突して、運転していた男性(34)と3列目座席の女性(29)に軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、衝突された乗用車の2列目座席には、生後3カ月の双子の乳児も乗っていたが、チャイルドシートに座っており無事だった。同署は曽我容疑者が少なくとも500メートルにわたり逆走していたとみており、詳しい経緯を調べている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ